沖縄県が旅館業についてのQ&Aを公開

民泊ブームで問い合わせが多いのか、親切なことに沖縄県が旅館業法についてのQ&Aを公開しています。

>>民泊について|沖縄県

不特定多数の人からお金をもらって継続的に宿を提供するのなら許可を取ってくださいね。

という内容です。

許可を取らずに営業すると6ヶ月以下の懲役もしくは3万円以下の罰金とあります。

たった3万?ならやっちゃえ!

と思っちゃいかんですよ。

前科がつきますし、何よりお客さんに迷惑がかかります。

(行政からの指導などが入ると営業できなくなります。そもそも許可なしで営業してはいけないんですけどね・・・)

沖縄県旅館業法についてのQ&A

沖縄県旅館業法についてのQ&A
沖縄県旅館業法についてのQ&A

詳しくは沖縄県のホームページでご確認ください。

 

沖縄 民宿★美ら海くん!
沖縄 民宿★美ら海くん!

沖縄民宿★美ら海くん!TOPに戻る

沖縄で民泊を経営 儲かる?

不労所得バンザイ!シェアリングエコノミー最高!

沖縄で物件を購入して(借りて)、民泊をはじめよう!

2016今年は民泊元年、Airbnbのスーパーホストは月250万も稼ぐんだと!賃貸より儲かるじゃねえか!

民泊経営というこのビッグウェーブに・・・乗らねばっ!!

と、お考えの方いらっしゃるかと思います。実際私の周りにもけっこういます。

金持ち父さん貧乏父さん症候群は本当に恐ろしいもので・・・なんと欲深い!(「欲深い」ことはかならずしも「悪い」ではない)

多くの方は、投資してシステムさえ作ってしまえば後はどんどんお金が入ってくるはずだとお考えなのでしょう。

私はそういう考えを全部否定はしません。ですが、考えが甘いと間違いなく失敗します。

なぜなら

民宿・民泊を経営する上で大事なのは目的やビジョンだからです。

なぜ今「民泊」なのか?本当にビッグウェーブは来ているのか?民泊経営に必要な知識・技量が自分にあるのか?

特に、「民泊経営で何がしたいのか?」を考えずに、ウマそうな話に飛びついただけではダメです。民泊を経営する自分なりの目的とビジョンをしっかりもちましょう。

目的がローリスクな「小銭稼ぎ」であるならば、一度チャレンジしてみてください。でも、民泊経営でがっぽり稼ごうとお考えでしたら、確かなビジョンと覚悟が必要です。

民泊経営がっぽり稼げてるのは一握り

まず、知って欲しいのは、がっぽり稼げてるのは一部地域(東京・大阪・京都など)の一握りだけだということです。しかもその人達は本気で民泊経営の勉強をして、研究をして、それを実践している人です。具体的に何が違うのかというと、集客ノウハウです。有名どころのairbnb活用からSNS活用、seo対策、ターゲットの選定など様々な努力をしています。さらに、思いでづくりへの協力やきめ細かい「おもてなし」なども行っているでしょう。

民宿を始めて一年間たくさん勉強した私でも到底及びません。ある程度頑張った私でも、沖縄県の平均年収にかすりもしませんよ。低所得者層です(でも幸せです)。がっぽり稼ぐことが目的なら、覚悟を決めて民泊経営に臨んでください。「小銭稼ぎ」が目的なら、予想以上に割に合わない仕事だと気付くはずです。特に、民泊経営に思い入れがなく、とにかく不動産投資大好き!って方は要注意です。そういう方は稼働率が高く、住み込みボランティアが雇えるゲストハウス(ドミトリータイプ中心の安宿)経営を考えた方がいいでしょう。

年間稼働日数と一泊あたりの経費・利益を考えてみる

1000万円の激安物件を購入したとして、10年で回収するためには年間100万は稼がねばなりません。あなたは年間何日稼働させられますか??

たとえば、1泊あたり利益5000円ですと年間200日稼働させねばなりません。あなたは年間200日も稼働させる自信(見通し)がありますか?

※利益と言っても投資した分の回収なので、実際はさらに多く稼働させ、営業利益を大きくしなければなりません。

次は、年間100日稼働と考えてみます。すると1泊あたり1万の利益を出さねばなりません。水道光熱費、清掃料、アメニティ・リネン代などの経費を足すと1泊あたり17000円以上に設定せねばなりません。客にとって、民泊の魅力は安さです。1泊17000円で年間100日も客は来てくれるでしょうか?

さらに、チェックインの手続きや問合わせ対応などを代行業者に任せると、宿泊料の15%以上(もしくは年間36万以上)は取られます。その分の費用を上乗せすると、1泊あたりの宿泊料はさらに高く設定しなければなりません。

もちろん、自分でやればゼロで済みますが、あなたにそのような時間と技能(サイト管理や英語対応など)はありますか?

これから民泊業は激戦となります。あなたはたくさんのホストがいる中で、年間100万稼げるホストになれますか?

知っていただきたい!年間100万稼ぐのも相当大変なんです!

軽い気持ちならやめておきましょう。別のビジネスの方が儲かりますよ。

民泊経営には「想い」が必要

なぜ民泊経営なのか?その答えは十人十色だと思いますが、続けて行くためには原動力となる「想い」がなくてはなりません。

  • がっぽり稼ぎだい!
  • シェアリングエコノミーのビジネスにチャレンジ!
  • あまり稼げなくてもいい。とにかく空き部屋を活用したい。(←私の場合はコレ!)
  • 沖縄で観光客に安くて快適な住まいを提供したい。
  • 沖縄の自然・歴史・文化との融合。新感覚の民泊を経営したい。
  • 沖縄が好き!インテリアが好き!お掃除が好き!おもてなしが好き!

などなど。

あなたにはどんな「想い」がありますか?

その「想い」を実現するためのビジョンはありますか?

とにかくチャレンジしてみるのもいいでしょう。

よーく考えて、想いをカタチにしてください!

民泊の仕事はラク?

南の島 沖縄でゆったりと生活しながら民泊経営。多くの人が夢みるのではないでしょうか?

次回は民泊・民宿の仕事内容について書こうと思います。よければまたご閲覧ください!

 

>>民宿・民泊・ゲストハウスの仕事内容

これから先、沖縄の宿泊施設に求められるもの

これから先、沖縄の宿泊施設に求められるものとは何か。早起きしたので考えてみました。

最近では「暮らすように泊まる」や「参加型・体験型」が流行っているらしいですが、これから先はどうなのでしょうか?宿泊のあり方というのは成熟しきっているのでしょうか?

「成熟」という観点でみればまだまだです。バリアフリー化は進んでないし、外国語表記の案内もまだまだ、Wi-Fiスポットも足りません。

でも、これから先、「暮らすように泊まる」や「参加型・体験型」の次を行く新たなスタイルが求められているのかというと、そうでもない気がします。

特に宿泊施設というのは衣食住の「住」ですから、安全で快適、安くて便利という基本的なことを押さえていればこれから先も必要とされつづけるのではないかと。

カールおじさんの空飛ぶ家のうよな新しい形の住まいが現れたとしたら、宿泊施設のあり方も大きく変わるかもしれません。今後に期待です!

沖縄にある空き部屋物件を民泊化しませんか?

沖縄にある空き部屋物件を民泊化しませんか?

沖縄の大家さん必見!沖縄で民泊はじめたい方必見!

民泊(民宿)をオープンさせるとなると少し大変ですが、私たちがお手伝いしますよ!ノウハウはありますので、お気軽にお問い合わせください!電話相談(5分~10分程度)は無料です。(ノウハウはお教えできません。)

一度、私たち民宿へ泊まりにきてください!民宿の設備や仕組みを説明したり、営業許可取得の相談など、1時間程度でしたら無料でお話します。宿泊なし、施設見学&相談だけしたい方は1回5,000円で承ります。(1時間以内であれば集客のコツやノウハウもお教えできます。)

電話:07054873732(島袋)

空き部屋(物件)を民泊にするメリット・デメリット

  1. 入居者なしによる物件の無駄(空き状態)を回避できる。もしくは、自宅の空き部屋を有効活用できる。
  2. 賃貸より収益率が高い(繁忙期・閑散期などありますが、年間を通して一定の需要があります。(沖縄観光ブーム?)
  3. 集客・経営ノウハウがないと悲惨な状態に・・・(ただ初期投資すれば儲かるという甘い話ではありません)
  4. どんどん競争が激しくなる(これから沖縄は民泊の激戦区になります。あなただけでなく周りの人も民泊経営を考えています。立地面・価格面・サービス面などで他よりも魅力的な民泊にしなければなりません。)

空き部屋(物件)が民泊になるまで手順

民泊オープンまで

  1. 必要なものをそろえる(寝具やハンガー、家具・家電、スリッパ、ゴミ箱、アメニティ、利用規約、掲示物など)
  2. 営業許可を取得する(消防の許可、図面の作成、申請書の提出)
  3. ホームページを作成する(seo対策、独自ドメイン取得・設定、必要な情報・コンテンツの充実)
  4. 宣伝する(ターゲットと予算を決め、宣伝する)
  5. 集客の経路を確保する

民泊オープンの後

  1. 宣伝・集客
  2. 予約管理
  3. ホームページ管理
  4. 客室清掃
  5. チェックイン・チェックアウト対応

沖縄にある空き部屋物件を民泊化しませんか?

民泊化、具体的にどうする?

具体的な方法としては①自分で全てやる②誰かに任せる(よければ私たちにご相談ください) の2つです。私たちは全て自分でやりました。その結果、かなりの時間と手間がかかりました。しかしその分、ノウハウは身に着きましたよ!

私たちにできる民泊化のお手伝い

  1. 沖縄での民泊立ち上げのお手伝い・情報提供のみ行う(民泊オープンまで)
  2. 沖縄での民泊運営のお手伝いのみ行う(民泊オープンの後)

図面の作成、消防設備の設置、寝具・家電家具の調達、ホームページの作成、集客、予約管理、清掃など、ある程度なんでもできますので、お気軽にお申し出ください。

もちろん全て無料ではいたしません。双方にメリットとなるよう(これが一番大事!)、相談して決めていければと思います。ある程度のアドバイスや情報提供(電話相談5分~10分程度)でしたら、無料でいたしますよ!

私たち民宿へ泊まりに来てくれれば詳しく情報提供いたします!

有料5,000円で1時間程度のレクチャーも可能です。

ちなみに、民泊化の費用ってどのくらい?

気になるのはそこですよね。包み隠さずお話しします。私たちの場合は20万ですみました。

しかし、全て自分でやって、この価格です。私たちと同程度の内容で、業者に頼んだりすると80万はかかります。内装などにこだわるともっとかかります。(知り合いの方はリフォームもして230万かけていました)

何事も最初が肝心です。なんの準備にいくらかかるのか、詳細は直接お伝えします!情報提供(5分程度の電話相談)は無料ですので、お気軽にお電話ください。

電話:07054873732(島袋)

>>NEW「民泊経営って儲かるの?」

 

 

沖縄観光情報webサイト「おきなわ物語」に掲載されました!

一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が運営する沖縄観光情報WEBサイト「おきなわ物語」に沖縄民宿★美ら海くんが掲載されました!

沖縄民宿★美ら海くん!|おきなわ物語|沖縄観光情報WEBサイト

掲載方法は、まず、コンベンションビューロー(OCVB)のサイトから申請書をダウンロードし、必要事項を記入、それをコンベンションビューロー(OCVB)に郵送します。後日コンベンションビューロー(OCVB)からサイトへのアクセス方法の通知が届きますので、それにしたがってサイト上に情報を入力していきます。入力が完了したら、コンベンションビューロー(OCVB)にチェックしてもらい、掲載が許可されます。

前回の「やんばる旅なび」に比べて少しステップが多い気もしますが、それだけセキュリティや掲載する施設の質にこだわっている(ある程度の基準を設けている)ということなのでしょう。

掲載料については「やんばる旅なび」同様に無料です。沖縄で民宿を経営している方は方は「おきなわ物語」に掲載依頼をしてみてはいかがでしょうか!

沖縄の民宿★美ら海くんオープン割引!
沖縄の民宿★美ら海くん

沖縄の民宿★美ら海くん
http://churaumi-kun.com
ご予約はお気軽に♪